アンドリュー・カーネギー

昨日、BS1か2だったか見ていたら カーネギーの特集だったみたいだけど カーネギーと言えばデール・カーネギーの方(ビジネスセミナー講師。『人を動かす』『道は開ける』などの自己啓発書)だと思っていた

よく見ているとアンドリュー・カーネギーは、スコットランドで生まれたアメリカの実業家。幼いころにアメリカに移り住んだ。カーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めた。

著書『富の福音』のなかで、「裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになるために使うべきだ。」と述べている。

また、社会ダーウィン主義の実践者でもあり、不平等な状態を是とした。

無条件に貧しいものへ与えることを有害とし、努力する者を支援するために富が使用されるよう寄付する者が責任を持つべきだとしている。

「富を持って死ぬことは不名誉である」と主張し、死の際にやむなく行う遺贈ではなく、生存中に活用先への責任を持ちながら行ったスタンフォード大学の創設者スタンフォードのような例を模範として実践した。
事業で成功を収めた後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、今日でも慈善家としてよく知られている。カーネギー財団やカーネギーホールなども その一つ。

ウィキペディアフリー百科事典より抜粋

と、偉大な気っ風の良い人がいたんだな〜



f0017493_7242616.jpg



ビオラ
f0017493_72546.jpg

[PR]
by hanasuki-na | 2008-12-04 07:33 |


<< インフルエンザの情報 我が家のブーゲンビリア >>