土佐琵琶

紙博で 手すき職人友草正親さんがすいた巨大和紙にたこ作家蔵野双門さんが描いた平家物語の合戦絵巻など約35点を展示されているのを見に行った
f0017493_2042413.jpg

f0017493_20362884.jpg

そこで、黒田 月水さん(もとは薩摩琵琶一水会の方だと思うのですが?)の 土佐琵琶の演奏を聴いた

『壇ノ浦の合戦』と『花吹雪』平敦盛の最後の物語を演奏 背筋がぞくぞくするぐらい感動した
琵琶は、ペルシャから流れてきたらしい。本体は桑の種類で作られていて、玄は絹糸らしい
黄色の玄の由来は中国に渡る頃に玄は防虫をかねてターメリック(ウコン)で浸けられていたので黄色だったらしく、日本の玄も黄色になったとか。琵琶の真ん中の三日月はペルシャも国旗だとか?説明されました

そこで、いつもながら琵琶を検索した
日本の琵琶の起源は遠く古代ペルシャ。アラブの
f0017493_20234830.jpg
ウード
やヨーロッパのリュート
f0017493_20253545.jpg
などと同じ仲間です。日本にはシルクロードを経由して7、8世紀ごろ伝えられ、その後の歴史的展開をへて、日本の五絃琵琶「螺鈿紫檀五絃琵琶」(正倉院宝物)
f0017493_20272615.jpg

今日、実に多種多様な琵琶楽が、それを支える楽器とともに併存しています
f0017493_2032444.jpg

[PR]
by hanasuki-na | 2007-03-17 19:58 | ブログ


<< 腫瘍の手術 花より団子ですね >>