うなされた

変な夢を見てうめいていたらしい

金毘羅さんのような長い急な階段を なぜか背中に子供を背負って誰かと手を繋いで登っている。
その前にカップル(子供は背負ってない)が同じように並んで歩いていた その後について登っていた
登りきった先には 格子がはまっていて 下を覗いたら 行き止まりで 壁の遥か底には お堀のように水が貯まっていた
それを見て こんなにがんばって登ってきたのに・・・・
休憩する場所も無いのか!と、気を失いそうになって ふらついて呻いた所で 自分の声に目が覚めた
[PR]
by hanasuki-na | 2007-03-11 21:03 | ブログ


<< 寄せ鍋 ひきこもり? >>