ゲド戦記

ジブリアニメ 【ゲド戦記】 7月上映 楽しみだ
宮崎駿監督の実子である宮崎吾朗が監督。少年アレンと大賢人ゲドの旅を通じて混迷する時代を生き抜くためのメッセージを投げかける。
ストーリー: 多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔法を信じることができなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、国を捨てた王子アレンと出会う。
テルーの台詞「命を大切にしない奴なんて 大嫌いだ!」が印象的だ

【ゲド戦記公式HP】 予告編Ⅰ・Ⅱにテルーの唄
【テルーの唄】の歌詞
f0017493_8144463.jpg


ゲド戦記はアーシュラ・K・ル=グウィンによって書かれ、1968年から2001年にかけて出版されたファンタジー小説
「影との戦い」A Wizard of Earthsea(原作1968年、邦訳1976年)
「こわれた腕輪」The Tombs of Atuan(原作1971年、邦訳1976年)
「さいはての島へ」The Farthest Shore(原作1972年、邦訳1977年)
「帰還 -ゲド戦記最後の書-」Tehanu, The Last Book of Earthsea(原作1990年、邦訳1993年)
「アースシーの風」The Other Wind(原作2001年、邦訳2003年)
「ゲド戦記外伝」Tales from Earthsea(原作2001年、邦訳2004年)
(邦訳は岩波書店から出版、訳者:清水真砂子)
[PR]
by hanasuki-na | 2006-05-31 08:27 | 映画


<< ホシホウジャク ローズ >>