阪神大震災から被災14年も 

阪神 淡路大震災の日を思い出すと 
兵庫県神戸市中央区1995年01月17日05時46分 淡路島付近に震度6の大地震が起きた。

大阪から滋賀に引っ越して二年ぐらい経った頃だったと思うけど 滋賀でも震度5近かったんじゃなかったっけ?
縦揺れだったので、二階で寝ているベッドが15センチ飛んだのを覚えている。
その後も揺れた。
大阪に住んでいたら タンスを頭に寝ていたので 倒れていたかもしれません。
命拾いした。
あれ以来、寝室にタンスを置かないようにしています。

しばらくして大阪の友達に電話したら、住んでいたマンションの同じ階の人が やっぱりタンスが全部倒れた。食器が全滅になった。
水が品切れで困っていると話していた。

震災の被災度の診断をしていた人に 今度、大震災が起きたら どこに避難すれば良いと思いますか?
トイレが一番とか聞くけど どうですか?
「あんな、大きな地震は どこに逃げても・・・・。トイレは 安全というけど、タイルやガラスが散乱して 僕は嫌ですね」

一番、移動出来やすいのはバイクです。と言っていた。道路が車やがれきで車は走れないそうです。
でも、実際に見た訳じゃないので すいません。

この地震の影響で各保険会社の約款が全て改訂されそれまで免責1年の会社は2年、2年の会社は3年と1年伸ばしたと 聞いています。
これは自殺増加の為の処置となっています。

まだ、まだ、震災の影響は残っていると思いますけど、心の平安をお祈ります。
[PR]
by hanasuki-na | 2009-01-17 11:27 | ブログ


<< 久々の雨 思いがいっぱい >>